ヘルスごとの違い | 大阪のホテヘルでばちこりと稼いでみませんか?バレの心配なし!
menu

ヘルスごとの違い

白い服を着ている女性

ヘルスというのは、本番行為の無いサービスをする風俗店のことで、ミナミや谷九などの地域に多くあります。
求人そのものはインターネットに多くアップされているのでそこから探してみるのもいいでしょう。
ヘルス系と呼ばれる三種類の風俗店の違いとは一体何なのでしょうか?

まずはヘルスの元祖といわれる「箱ヘル」から、箱ヘルの箱とはお店そのもののことで、店舗型のヘルス店のことを指します。
箱ヘルの強みはその回転率で、他のヘルスと違い女の子は部屋で待機してそこに男性が訪れるというシステムのために、ヘルスの中でも集客力が段違いです。
また箱ヘルは男性が女の子にプレゼントを送る風潮があり、リピーターが誕生日にバッグなどをくれるというのはよくある話です。

「ホテヘル」は箱ヘルとデリヘルの中間のようなもので、女の子は店舗の近くのラブホテルやプレイルームで男性にサービスをします。
回転率は中々に悪くなく、待ち時間も簡単に暇を潰すことが可能なために、ある程度まったりする時間があるというのも魅力でしょうか。
回転率は箱ヘルとデリヘルの中間ぐらいで、人気が出始めたらとても稼げるためにおすすめです。

デリヘルは文字通りデリバリー型のヘルスで、男性側が指定したホテルなどに女の子が訪れて、そこでヘルスサービスを行います。
デリヘルはインターネットによる集客にとても力をいれているために、始めのうちでも特にお客さんが少ないことに苦労することはありません。
また、無店舗型ということもあり24時間営業していることも強みでしょう。