待機中の過ごし方 | 大阪のホテヘルでばちこりと稼いでみませんか?バレの心配なし!
menu

待機中の過ごし方

花を持っている女性

ホテヘルの待機時間というのは中々に暇です。
慣れているホテヘル嬢というのはそのような暇な時間を潰す手段を持っています。
お店によってはたくさんの漫画が常備してあったり、テレビが設置してあったり、人によっては自分の家から携帯ゲーム機を持ってくるような人もいます。
また個室で仮眠をとるような人もいれば、仲良く他の女の子とお話をしている子もいます。

待機時間というのは個人差がありますが、基本的には指名された際のサービスの英気を養うために尽くしているというのが殆どです。

いざお仕事が入った場合にはホテヘルのスタッフさんからアナウンスが入るためにそればでの暇を潰すが待機室ということですね。
谷九や難波ならば近くにコンビニなども多いので、コンビニに出かける女の子も多くいます。
その場合にはしっかりとスマホが連絡を取れる状況にしておく必要があります。
あまりお客さんを待たせすぎるのもよくないことですからね。

また、待機所では受付に設置されたカメラでお客さんを見ることが出来るモニターを設置しているお店もあります。
そのために、自分の身バレしてしまうことを回避することができます。
流石に知り合いにヘルスサービスをすることに抵抗を感じない女性はいないでしょう。

指名がかかった場合にはスタッフさんからお仕事用のバックを手渡されて仕事場であるホテルに向かう。といった流れになります。